20代が確実に攻める20代転職ガイド

*

20代の転職希望者に役立つ面接対策とは?

   

「業界専門誌」を定期購読しよう!

 
 業界専門誌があれば必ず1年くらいさかのぼってバックナンバーまで読み込んでおくほうがよいでしょう。業界についての知識がくわしい人ほど優秀な人材であるように採用担当の目には見えます。

 業界専門誌を読むことによって企業同士の力関係や、業界内のシェア、業界全体の話題のプロジェクトなどについて知ることが可能です。

競合他社をなるべく多く受けよう!

 志望業界が決まっているのなら、第一志望の会社と同業種の会社を事前にたくさん受けておくことで場数を踏んだことになり、本番前には慣れた物腰で面接を進めることができます。

 業種が同じなら、なんとなく社員も雰囲気が似ていたり、面接で聞かれることも似ていたりするものです。“この会社が第一志望ですか?”と突っ込まれたらどう回答するか?!は自由ですが、他にも受けていること自体は伝えてもよいでしょう。

“競合他社ではなく御社でないとダメな理由”を最低でも1個見つけよう

 面接が盛り上がるかどうか?!は企業研究の絶対量によります。競合他社ではダメで御社でないと満足できない理由を見つけることができれば、それがアピールポイントになるでしょう。

【関連記事】
20代の転職希望者と面接のマナーについて
20代の転職希望者がよく聞かれる質問って?!

 - 面接の準備をする

  関連記事

20代の転職希望者と面接のマナーについて

20代の転職希望者なら知っておくべき「面接の目的」とは?!  面接の目的とは①応 …

20代の転職希望者がよく聞かれる質問って?!

「当社に応募した理由は何ですか?」  志望動機は応募書類に記載したはずですが必ず …