20代が確実に攻める20代転職ガイド

*

20代の転職希望者と退社手続きの注意点

      2016/01/22

「退職願」の作成と提出について気をつけることって?

 20代の転職希望者の場合は「自己都合による退職」ですから「退職願」を作成して提出し、それが受理されてから会社はあなたの退職を公表できます。転職先が決まったからといって自分でペラペラ口外しないようにする必要があります。

 会社によっては退職願の用紙があるのでそれをもらってきて、丁寧に記載して提出をしましょう。提出先は直上司であって、“上司と仲が悪い”といって飛び越えて部長に提出したりしてはいけません。

「引き継ぎ作業」も最後まで責任を持って行おう!

 引き継ぎ作業に関しては後任がいつ決まるのか?!という点も含めて上司と相談をします。後任に対する連絡事項はファイルにしてデスクトップに保存しておきましょう。

 引き継ぎ作業をしっかりやらないで退職したりすると、会社から嫌がらせに離職票をなかなか郵送してもらえなくなって失業保険の給付が遅れたりするケースもありますので注意しましょう。

会社から受け取るもの、会社に返却をするものを確認しよう!

 健康保険証は会社に返却をして、経費で買ったものは会社の備品ですから全部返却するようにします。

【関連記事】
20代の転職希望者なら円満退職をしよう!
20代の転職希望者と入社手続きについて
会社から引き止めにあった時の対応は?退職理由も重要なカギを握ります

 - 退職・入社について

  関連記事

20代の転職希望者なら円満退職をしよう!

はじめての“円満退職”  20代の転職希望者なら、円満退職ははじめてでしょう。“ …

会社から引き止めにあった時の対応は?退職理由も重要なカギを握ります

自分の価値や気持ちを確認  退職を思いとどまって欲しい、などと会社から言われた時 …

20代の転職希望者と入社手続きについて

内定受諾の際に気をつけるべきことって?  会社から内定通知がきたら第一志望ならそ …