20代が確実に攻める20代転職ガイド

*

20代の転職希望者と入社手続きについて

      2016/01/22

内定受諾の際に気をつけるべきことって?

 会社から内定通知がきたら第一志望ならそのまま受けてもよいですが、他に受けている会社があれば内定を保留する手続きを取ります。保留できるのはせいぜい3日程度。

 いったん受諾した内定を後日、取り消すことは法的に不可能ではありません。しかし会社側に大きな迷惑をかけることになりますので絶対に避けましょう。

転職先の会社に提出をする書類を用意しよう!

 企業は新しく人を雇うと、法の定める基準にしたがって、社会保険に加入させる義務があります。年金手帳、雇用保険被保険者証、健康保険証などを手元に用意します。

 見当たらないようなら前職に問い合わせるか、役所で再発行を。前の職場を辞めてから1年以内に再就職する人は源泉徴収票も必要になるので用意しましょう。

「雇用契約書」に書かれている内容をよく確認しよう!

 内定受託したら、会社と「雇用契約書」を交わします。内容を自分でよく確認して捺印して返送します。

 特に営業職の場合、給与の計算方法などが最終の面接の際の話と同じであるかどうか?自分でしっかり確認をします。試用期間の有無なども不明点がないようにしましょう。

【関連記事】
20代の転職希望者なら円満退職をしよう!
20代の転職希望者と退社手続きの注意点
会社から引き止めにあった時の対応は?退職理由も重要なカギを握ります

 - 退職・入社について

  関連記事

20代の転職希望者と退社手続きの注意点

「退職願」の作成と提出について気をつけることって?  20代の転職希望者の場合は …

会社から引き止めにあった時の対応は?退職理由も重要なカギを握ります

自分の価値や気持ちを確認  退職を思いとどまって欲しい、などと会社から言われた時 …

20代の転職希望者なら円満退職をしよう!

はじめての“円満退職”  20代の転職希望者なら、円満退職ははじめてでしょう。“ …