20代が確実に攻める20代転職ガイド

*

20代で事務系への転職を目指すには

1.事務職未経験で転職をしたいなら

 新卒で総合職として就職した女性が、社歴が長くなるうちに、事務職への転職を模索し始めるケースが増えていると言います。これは、結婚や妊娠、出産、育児をしながら、長く働きたいと考える女性が、仕事と両立しやすい職種を考えて、キャリアチェンジをはかろうとしていることの表れでしょう。とはいえ、事務職の求人数自体が他の職種と比べると少なく、未経験者が簡単に転職ができるものではありません。では、20代のうちに、未経験の事務職に転職するためには、何をしたらよいのでしょうか。

2.目指す仕事の種類を明確にしよう

 事務職といっても幅広く、業務内容も職種によってさまざまです。まず、自分が目指す事務職のイメージを、しっかり固めるのが先決です。

★ここがポイント!
・会社のお金や物の流れを管理する「経理事務」
・会社の営業をサポートする「営業事務」
・会社全体の雑務を引き受ける「一般事務」
・医療現場で働く「医療事務」「介護事務」
・商品の輸出入に関わる「貿易事務」

 職種によって、求められる専門スキルも当然異なります。未経験の事務職に転職したいと思うなら、専門スキルを証明する資格取得などをしておくと有利になるのは、言うまでもありません。

3.資格がなければ難しい事務職は?

 会社の予算運営とお金の管理をする「経理事務」は、簿記の知識が不可欠です。決算書類の作成ができるようになれば、将来キャリアアップの転職を目指すこともできるので、まずは日商簿記1~2級の取得を目指しましょう。また、レセプト業務がある「医療事務」や「介護事務」も、有資格者が採用されるのが原則です。短期間のスクールや通信教育を受講して、まず資格をとりましょう。
 
4.共通して役立つスキル

 事務職全般で役立つスキルとしては、ワードやエクセルといったパソコンスキルがあげられます。マイクロソフトオフィススペシャリストの資格をとっておくと、より有利です。また、秘書検定を持っていると、ビジネスマナーが身についている証明になります。こちらもチャレンジしてみてください。

事務職転職はキャリアチェンジできる20代のうちに!

 勤務時間がある程度読めて、仕事と家庭の両立をしやすい事務職は、女性が働きやすい仕事の一つです。20代ならキャリアチェンジが可能ですから、自分のライフプランを考えて、最適な職種を選択してください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
求人情報総数は業界トップクラスで転職に成功した約8割の人が利用した大手転職サイト


公開日:
最終更新日:2014/10/31